便秘は健康やダイエットの大敵です。便秘を改善して健康的に過ごしましょう。便秘を改善する方法などをご紹介します。



こんな方に・・・
■血中コレステロールが気になる方
■体脂肪が気になる方
■お腹の調子が良くない方
■野菜不足で食物せんいが足らない方
●どっさりウンチの素
ゼリージュースイサゴールを食後、ゼリーにして食べると、
翌朝「こんなにたまっていたのか」と気がつきます。 そして、色はバナナみたいなまっ黄色。
その黄色は、胆汁酸の色で、胆汁酸はコレステロール(体脂肪)そのものですから、確実に余分な体脂肪が排泄されているのがわかります。 毎日のお通じは、習慣として大変大切なんです。
ゼリージュースイサゴールには、100gあたり66.9gのサイリウム がはいており、味はおいしいアセロラ味。 水に溶いて、ゼリーにしても、そのまま水で飲み込んでも召し上がれます。
サイリウムは、保水性、膨張性が非常に高く、水に浸すと約30~40倍にふくれあがり、ゼリー状に固まります。 だから、留まっている便の量を増やし、また柔らかくして、さらに押し出してくれます。



ウンチどっさり・お腹スッキリ お試しセット


スポンサードリンク

ダイエットや健康に大敵な便秘を改善するためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


便秘改善法【解消方法レシピ】posted

スポンサー広告便秘改善法【解消方法レシピ】TOP↑

便秘を解消する/浣腸

浣腸は主に以下のような目的で行われる

便やガスの排泄促進
大腸内の洗浄
X線検査などのための造影剤の注入
腸重積、腸捻転の治療
大腸を経由した薬剤の投与
食事が困難な患者に対する水分・栄養補給
現在行われる浣腸の主な目的は 1. 2. 3. 4.である。 しかし近年、 1. 2. ともに下剤を用いる場合が多くなっており、浣腸が使われる場面は減っている。 とはいえ、どちらの目的であれ、下剤は浣腸を完全に置き換えるものではなく、 下剤が適している症例、浣腸が適している症例それぞれがあり、 薬剤技術の向上により下剤を用いた方が容易で安全に処置できる症例が増えてきた結果である。 浣腸と下剤の両方が処方可能である場合において、 浣腸を嫌う患者が多いため下剤が選択される傾向が高いというのも大きな理由の一つであろう。

4. はその他の浣腸とは異なり、物理的な圧力による外科的治療法である。 バリウムや空気を注入する事により行われる。 この治療法が適用できるのは比較的軽度かつ、発症後数時間程度の間のみである。 一定時間以上経過すると腸が壊死を起こすためこの治療法は危険になる。 比較的重度、頻繁に再発する場合などは開腹手術が必要となる。

5. は液体を用いる浣腸で行うとすぐに排泄が起こり効果が薄いため、 特別な理由のない限り坐薬を用いる手法の方が一般的である。

6. は冒頭でも述べられるとおり、医療的に大きな効果が期待できないこと、 点滴等のより効果的な手法があることなどから、現在ではほとんど行われない。

出産前に行われる浣腸は、大腸内の便を排出させることで 出産中のいきみによって排便が起き胎児などが汚れるのを防ぐと同時に、 陣痛を促進させる目的もある。 出産前の浣腸は慣例的に行われているだけでなく医学的にも正当な理由があるのだが、 排泄行為に対する禁忌や羞恥などから患者に嫌われる医療行為である。 本来出産は病気とは異なり、生命活動の一環であるにもかかわらず、 病気と同じように医療行為がなされることはおかしいという意見も多々あり、 出産前の浣腸を必須とするマニュアルが訂正される傾向がある。

このように、浣腸は様々な目的で行われるが、 一般に浣腸といった場合、1. 2.を目的としたものが主である。 よって以下の説明も、1. 2.を主体とした物になる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

便秘改善法【解消方法レシピ】posted

スポンサーサイト
便秘を解消する/浣腸便秘改善法【解消方法レシピ】TOP↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。